生活に必要な物が全て止まりました

まだまだ若かった20代前半の頃、色んなものに興味深々で色んな仕事を試していた時期がありました。

よくありがちな飲み屋の仕事から風俗へといきつき、仕事にはお客さんには苦労していなかったので収入はまずまず良かったです。周りのきちんと仕事をしている友達より短い時間で、友達より高収入だったのでだんだん金銭感覚も狂い始めてきました。同級生など普通の友人と飲みに行ってもおごってしまうのが当たり前になってきて、週に1日飲みに行っていたのが2日、3日、4日とどんどん増えていき仕事のストレスや寂しさから奢るから飲みに行こうと誘うことも多くなりました。

ますます、お金の使い方も荒れてきて普段遊ぶ事人たちのジャンルも変わっていきました。そこで知り合った男性と付き合うようになりただ一緒にいたいという感情だけで何も考えのないまま初めての同棲・・・というか男性が転がり込んでくる形だった。ベースは私の家なので家賃や水道光熱費は全て私です。

食費も料理をするのは私でしたし話し合いもないままだったので全て私が生活にかかる物を支払っていました。

夜の仕事をしていたので最初のうちは支払いは出来ていましたが、だんだん男性との関係もこじれていき仕事の事を知っていて理解していたはずの男性の束縛も激しくなり、家から出してもらえない状況になっていきました。

今で言う、モラハラやDVでコントロールされていました。次第に収入がなくなったので払わなくてはいけないものの支払いが出来ずに、督促が届くようになりました。年金や車の自動車税、水道光熱費も督促が届くようになりました。限界のものから男性は少しずつ払っているようでしたが、ある日ガスが止まりました。お風呂が水しか出なくなりました。

キャッシングを利用して最初の頃は支払いをしたりもしていましたが、返済が追いつかずに借金が増えていく一方になりました。

風俗嬢でもお金を貸してもらえたので最初のころは何とかなっていました。。

風俗嬢キャッシング

一言でいうと無利息とは、必要なお金を用立ててもらったのに、一切の金利がかからないことです。確かに名前は無利息キャッシングだけど、もちろん特典期間が終わっても利息を付けずに無利息で、融資してくれるなどというおいしすぎる状態になるわけではありませんからね。
一般的にカードローン会社とかキャッシングの会社では、初めてで不安があるという方をターゲットにした通話料無料で誰でも利用できるフリーダイヤルを使えるように用意しているのです。借入計画をたてるときには、現在(場合によっては過去も)のあなたの勤務先や収入などを全て正直に伝えないとうまくいきません。
有名大手のキャッシング会社っていうのは、大手の銀行本体や銀行に近い会社やグループが運営している関係もあって、いわゆるWeb契約などインターネットを利用した新規申込についても早くから導入が進められており、膨大な数のATMを利用した返済もできる仕組みなので、お手軽です。
現実的に就業中の社会人のケースなら、融資の事前審査をパスできないようなことは想定されません。低収入のアルバイトとか臨時パートの場合でも滞りなく即日融資可能な場合が大半を占めます。
必須の「審査」なんて固い言葉の響きで、いろんな書類が必要な面倒な手続きのように考える方が多いのかもしれませんけれど、一般的なケースであれば様々なデータに基づいてマニュアル通りに、最初から最後までキャッシング業者側が進めておいてくれるのです。

一時はCMで大流行した無人契約機を使って、融資を申込むという時間のかからない方法でもいいでしょう。窓口じゃなくて専用端末で自分で新規申込みを行うので、人に会う必要もなく、頼りになるキャッシングをばれずに申込むことが可能ということなのです。
申込のあったキャッシングについて、勤務先である会社や団体、お店などに電話をかけられるのは、仕方がないのです。あれは事前審査のひとつで在籍確認といって、所定の申込書で申告があった勤務場所に、偽りなく勤続しているのかどうか確かめるために、申込んだ方の会社やお店などに電話で確かめているのです。
驚くことに、いくつものキャッシング会社が新規申込者を集めるためのエースとして、期間は限定ですが無利息になるサービスを提供しているのです。このサービスなら融資されてからの借入期間次第で、わずかとはいえ金利が本当に0円でOKになるのです。
借りるということになったのであれば、本当に必要な分だけにして、なるべく短い期間内で全ての返済を終えるようにすることが非常に重要です。忘れてしまいがちですがカードローンでお金を借りているわけですから、借り過ぎてしまわないようじっくりと検討して付き合ってくださいね。
申込んだときにキャッシングが時間がかからず出来るサービスというのは、実はたくさんあるのです。消費者金融系の会社による貸し付けはもちろんのこと、そうじゃなくて銀行のカードローンで借りることも、実際に借り入れがすぐに受けられるわけですから、即日キャッシングだと言えます。

簡単に言うとカードローンとは、借りたお金の利用目的を限定しないことによって、すごく便利で使いやすくしました。用途限定のローンに比較すると、多少高めに設定された金利での融資なのですが、まだキャッシングよりは、少し低めの金利になっていることがメインになっているようです。
新規のキャッシングに利用申し込みをするまでに、努力してアルバイト程度の立場の仕事には就いておかなければ審査が難しくなります。あたりまえですが、お勤めの年数は長期のほうが、申込んだ後の審査でいい方に働きます。
インターネット利用のための準備ができていたら、消費者金融に申し込んで当日入金の即日融資をしてもらえる、可能性がいくらかあります。どうしてもこういう言い方になるのは、融資を受けるなら審査があるわけですから、無事にそれを通過したら、融資してもらうことができるということを伝えたかったのです。
銀行を利用した融資については、借金の総額を規制する総量規制の除外金額。ですからもしカードローンで借りるなら、できるだけ銀行にするほうが利口だと考えてください。借金の上限として、年収の3分の1までしか希望があっても、新たに融資してもらうことをしてはいけないという規制であり、最近よく聞く総量規制なのです。
無駄のないキャッシング、そしてローンなどについての知識などをもっていただくことで、無駄に不安な気持ちとか、油断が引き金となる厄介事で害が及ばないように注意してください。「知らなかった」というだけで、大変なことになる可能性もあるのです。

最小限に済ますにも冬のお風呂は震えながら髪の毛を洗ったのを覚えています。電気が止まり夜はとにかく孤独でしたし、一気に心が貧しくなっていくのを覚えました。最後に水道が止まりトイレもいけなくなりました。

コンビニまで朝から通うようになりました。

限界を感じた男性は携帯でポイントサイトにあちこち登録して小遣い稼ぎをしていました。かき集めたお金で電気を復活させ、パソコンを利用できるようにしました。パソコンで今度はライブチャッットするように私に言い始めました。強制的にライブチャットをさせられ水道、ガスと少しずつ少しずつ滞納しながらも復活させていきました。

このままでは、これ以上何をされるかわからないと思い死に物狂いで逃げ出し、両親に全てを話し助けてもらい更生しました。

何度か男性が押しかけたり、嫌がらせを受けていますが、自分の過ちを後悔し今では普通に働けることの素晴らしさがわかり働き者になりました。まだ働き足りないほどです。年金や当時の車のローンなど切羽つまったものは両親の力を借りたので、今コツコツ支払いをしています。どんな時でも真面目にコツコツが一番幸せへの近道だと思い知らされました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>